森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

ある選手の引退から

今回は、私と彼との話ではなく、有名人のツインについて私の思う話です。


ちなみに、彼との今までの出来事を書きながらたまにこうして時間軸を外れて脱線する為、私と彼との今までに関する話については、新たに

「ツインとの出来事・軌跡」というカテゴリを作成し、そのカテゴリで書いていく事にしました。

そうすると今までの出来事を辿る内容が少し見やすくなるかな、と思ったので。


また、私は下世話ながら他人のツイン関係(特に有名人)についても気になってしまうタチなので(苦笑)、たまにこうして気になる有名人についても、自分の思う事を書いていきたいと思います。




昨日、とあるスポーツ選手の引退報道が出ました。


それは…フィギュアスケート男子の小塚崇彦選手の現役引退報道でした。


私はフィギュアスケートが大好きなのですが、彼は羽生選手が台頭してくる前の時代、高橋大輔選手や織田信成選手らと共に活躍した世代で、派手さはないけど正統派の素晴らしいスケーティングスキルを持った選手でした。

ですが、ここ近年は羽生選手ら後輩達の台頭もあり、また怪我も増えてて、なかなか苦しい状況であったのは確かでした。

悲しくて寂しいけど「お疲れさまでした」と言いたいです。



で、この小塚選手。

私が気になるのは、この小塚選手のツイン相手についてです。



実は私、ツインの概念を知ってから色々なツイン関係のサイトを見ていますが、その中で特に懇意にして見ているのが「Sun&Moon 恋の悩み相談室」のサイト。

こちらについては後々私も関わってくるのですが、それについてはまた改めて書いていきます。


で、こちらのサイトについて。

こちらのサイトでは、よく言われる「ツインソウル」や「ツインレイ」と言った、「ツイン」というキーワードは使われていません。

なので一見するとわかりにくいかもですが、このサイトの「本当の相手」論とは、まさにツインの概念そのものです。

そしてこちらのサイトには、有名人同士のツインについても掲載されているページがあり、たまに更新されています。


それで私がこのサイトを見始めた頃、この「本当の相手の動画・写真」ページを遡って見ていた時に、気になる組み合わせがありました。

それがまさに、今回引退報道が出た小塚崇彦選手と、その相手である浅田真央選手でした。


実は私がツインや本当の相手論の概念を知るずっと前から、私は何故かこの二人の組み合わせが好きでした。二人一緒の雰囲気が好きだったのです。

別に付き合ってると噂されてる訳でもなかったですが、コーチが一緒だったので、よく仲良さそうな所を見ていた記憶があります。

フィギュアスケートにおいてはコーチが一緒という事は、必然的にその選手同士、一緒にいる時間も長くなるため、仲良くなりやすいです。

その為、この二人は同じ愛知出身でもあり、年齢も近い事から昔からよくお互いを知っていて、元々多分幼なじみみたいなものだったんだろうな、とは思ってました。

でも私は何故か「ああ、この二人がくっついてくれればいいのに」とずっと勝手に思ってました(笑)。おかしな話ですが。

そういう事もあり、そのサイトで二人が本当の相手同士=ツインだと知った時に「ああ、やっぱりそうなんだ!」ととても嬉しかったのです。


でも…私がそれを見つけたその頃は、既に小塚選手は現在結婚された奥様である大島アナとの婚約報道が出ていた頃でした。

そしてそういえば小塚選手と大島アナの熱愛報道が出た頃、何故か私はそのニュースに妙にショックを受けたのを覚えています。

相手が女子アナだからとかじゃなく、何となーく「小塚くん、相手が違うよ…」と思った気がしたんです。


その後、小塚選手はなかなか以前のような調子を取り戻す事ができず、ケガが多かったり、身内のゴタゴタがあったり…。

一方の浅田選手も、オリンピックには出られた、でもSPは大失敗で、その後のフリーで死にものぐるいの完璧な演技を見せ、世界中の感動を読んだのはまだ記憶に新しいところです。

でも、これまで近年は苦難の道のりであると思います。


だから、私がこの二人が本来は本当の相手同士、つまりツインの関係であると知った時、初めて私が感じたものが間違いではなかった、と気付きました。

小塚選手は本来一緒にいるべき人と違う相手を選んでしまい、それがエネルギーを消耗させてしまってケガが多くなったり、本来の力が出せる状況では無くなったように思えました。


小塚選手は結局そのまま結婚されてしまいましたが、昨日選手としても引退を発表されました。


そしてここでもう一つ、また残念な報道がありました。

小塚選手は氷上から降りて、現在所属しているトヨタの従業員になる、というニュースが…。


堅実な小塚選手らしいといえばそうかもしれません。

でも、これも私は「何か違う、そうじゃないでしょ!」と思わずにはいられないのです。

小塚選手は祖父の代から父親もフィギュアスケート選手でオリンピックに出ている、いわゆる「フィギュア界のサラブレッド」。

あんな基礎がしっかりしている綺麗なスケーティングスキル、ちょっとやそっとで身につくものじゃない。

彼には是非ともその素晴らしいスケーティングスキルを、ぜひ後世に伝える役目をして欲しい、じゃないとあまりにも勿体な過ぎる。フィギュアスケート界の大きな損失です。

だからできればコーチとか、フィギュア界の後継選手の為になるような道を選んで欲しかった。

それが、間違った相手と結婚しまった為に、安定を求めて今後の進路までそんな無難な道を選んでしまったの?! と…。


どうにも違和感しか残らないのです。小塚選手の熱愛報道から、結婚、引退に至るまでの一連の報道が。



ツインの概念を知らない人から見れば

「余計なお世話だ。小塚選手が選んだ人だし選んだ道だ。余計な口挟むな。」

となるでしょう。

でもツインの概念を知る前からの浅田真央選手との空気感の良さを感じてたり、概念を知ってしまうと、もうホント、何もかも違うと思えてならないんです。



私は霊感とかオーラとかそういうものを見れたり感じ取れる力もそんなにないし、他のツイン同士の組み合わせが誰でもわかったりする訳ではありません。

でも…自分のツイン相手がわかり、ツインの概念を知ってからというもの、何故か自分のすごく近い身内のツイン相手とか、有名人同士でも自分が元々好きな人だと、何となく良いオーラというのが少しわかるようになって「あ、この二人ってもしかしてツインかも…」というのが、何となくですがわかるようになってきているのです。

つまり、元々私が興味のある相手だと、私のアンテナも向くようになってるのかな、って。


だから世間的によく言われる「あげまん」と「さげまん」、これってようはその女性があげまんかさげまんなのではなく、その人にとって本来の相手である「ツインの相手」が彼女や奥様だと「あげまん」で、そうじゃないと「さげまん」になる、って事なんだろうな…と。



…と、こんな感じで気になる有名人のツイン話も今後勝手にどんどん語っていきます(笑)。

ただ、私はあくまでもただの一個人で、ツイン鑑定士でもないしそんな力もないので、有名人のツイン話になる時は、話のベースが件のサイトからの引用がメインとなる可能性が高いです。

その点だけ、ご承知おき下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。