森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

沸き上がる気持ちと彼の過去

彼とのメールやり取りを続けていくうちに、少しずつ自分をさらけ出していくような内容を送る事も増えてきた私でしたが、そのうちにだんだんと彼への気持ちが抑えられなくなってしまっていた私、ついにある時、彼へ自分の気持ちを伝えるような感じのメールを送ってしまいます。


はっきりと「好き」だというような言葉は書きませんでしたが、ニュアンスで

「あなたはこんな私を相手にしてくれて優しい。だからもっと会いたくなってしまう」

というような感じの言葉を書いたように記憶してます。


そしたら、彼は半分はぐらかすような感じで

「こんな自分みたいないい加減な男に騙されちゃダメだよ。あなたはちゃんと家庭を守って幸せにならなきゃ」

との返信でした。


でも実はそれだけではなく、そのメールには彼が自分の過去も語るような内容も書かれていました。


昔、学生時代の自分はかなりモテていたこと、昔の奥さんと出会った時の事、実は事故にあって生死の境を彷徨った事があること、その時にずっと付き添ってくれた彼女と結婚したものの、結局自分が原因で家庭を壊してしまったこと、などなど…。

まぁ、人には色々ある、だからこんな男に騙されちゃダメだ、と。


でもそんなメールをしてしまった後も、彼は何事もなかったかのようにその後もメールのやり取りを続けてくれました。

過去の話も隠してた訳では別にないし、伝えるのも別に嫌じゃない、聞かれれば何でも話すよ、だからそっちもグチとかあったらどんどんメール送っておいで、と。


ちょっとガッカリしたような、でもまた今まで通りのようなやり取りができるんだ、とホッとしたのと半分でした。


また、メールやり取りの中でお互いの仕事についての話も出てきたりしていましたが、私はその頃、会社で新しい仕事を手掛ける事になっていて、それを伝えたら一緒に喜んでくれたり、応援するような返信をもらえたのも嬉しかったです。

そして、その頃実は私は、自分の会社のホームページの中で動画で少し出演する機会があったのですが、それも伝えたらわざわざその動画を見てくれたみたいで「ホントに出てるんだね〜!」と驚いたり、ちょっと感心してくれた様子だったのも嬉しかったです。

ああ、彼はわざわざ私の動画を見てくれたんだ…って。



でも彼からのメールは嬉しかったけど、彼の真意はずっと測りかねていました。

ただ気の合う楽しいメール仲間なのか、それでも普通、だからってこんな毎日のようにただのメル友にメールを送ってくるものなのか? 普通そんな過去まで語る? 彼には少しでも私に対して女性に対するような好意の気持ちはあるのか? あったとしても私が結婚してるから遠慮してるのか? もし私が結婚してなかったらどうなのだろう…?と、この頃はやきもきした気持ちもありました。

今の楽しい関係を壊したくない、でも…と。



そして…こんな気持ちを抱えたままメールのやり取りを続けていた私ですが、ここで再び行動に出る事を決めました。


その頃、カレンダー的には秋の連休前の時期でした。

この時に、旦那の単身赴任先に息子を連れて遊びに行こうと決めたのです。


実は旦那の単身赴任先というのは、彼の住んでいる場所と近い方面でした。

だからこの連休は旦那に帰ってきてもらわずに、連休にかこつけて旦那の住むアパートへ遊びに行き、その中で時間を見て、また彼に会えないかもう一度誘ってみよう…! という気持ちになり、色々と画策し始めたのです。



ただ…これは、その後の私と彼との関係が動いていくキッカケの出来事となるのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。