森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

持っているもの・持っていないもの

ツインソウル同士は、お互いに似ている部分があったり、または全く正反対の相反している部分があると言われていますよね。


彼が私のツインソウルだとわかったのは去年の夏頃の事ですが、それは彼との出逢いからちょうど2年程経ってからの事です。


彼がツインソウルの相手かも…とわかった時に、私はすぐにお互い持っていないものを持っている事に気がつきました。


彼は背が高く、ルックスも良くてかなりモテた経験があり、女性経験が(多分)豊富。

私は背が小さく、モテた経験もなくて片想いばかりで男性経験が少ないというコンプレックスがある(初めて付き合った人と結婚したので元カレという存在がいない)。

でもその代わり、彼は幸せな結婚生活や家族を手放していて、私はこれまでは彼が手放してしまった幸せな結婚生活や家族を手に入れて割と順調に過ごしてきた。

つまり、これまでの境遇は私と彼は全くの正反対でした。


そして、決定的な共通点と相反するものが他にもあったのです。


彼と頻繁にやり取りしていた頃のメールを見ると、彼は昔、天体望遠鏡を持っていたそうで、その天体望遠鏡は多分そのまま実家に置いてあるハズ…とのこと。

そして私も昔から宇宙や星空が大好きで、昔から天体望遠鏡が欲しくて欲しくてたまらず、小学生の頃は市の科学館が開催していた天文教室に通っていて天体望遠鏡の使い方もそこで学んだ位なのに、結局手に入れる事は出来なかったのです。


だから彼が天体望遠鏡を持っていると知った時は、最初は「この人も私と同じ物が好きだったんだ〜」と何となく思ってたのですが、彼がツインだとわかった時に過去のメールを読み返してこの天体望遠鏡の話を思い出し、


「ああ、彼は私が欲しくて欲しくてたまらなかった物を、代わりに持っていてくれたんだ…!」


と思いました。



前回は月についての話を書きましたが、彼はオリオン座のベテルギウスの超新星の話をメールに書いてきた事もあって、その話は私も知っていたので、楽しくメールを読んでやり取りしていた記憶があります。


考えてみたら、月だの星だのの話を男女間でメールでやり取りしていたらかなりロマンチックですよね…。

でもそんな話を出されたら、興味のない人にしてみたら「キザな男だなぁ」とでも思うのかもしれませんが(笑)、昔から宇宙や星空好きだった私からしたら、そんな話ができる相手ってやはり貴重です。

日本の神様も好きですが、元々ギリシャ神話も大好きだったので、夜空の巨大ギリシャ神話絵巻である星空ってやっぱり好きだったんですよね。



だから、前回のブログのコメント返信にも書いたのですが、いつかは彼と肩を並べて二人で夜空を見上げる事ができたら…と思ってます。

いや、できると信じています。


そして、いつかは彼の実家に置かれている『私の代わりに持っていてくれた』天体望遠鏡を引っ張り出して、一緒に見る事ができれば…と思ってます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。