森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

出会い

まずは、ツインの彼との出会いから少しずつ書いていきます。



ツインの彼との出会いは、3年前…つまり、2013年の夏でした。


私は既婚者で、小学校に上がったばかりの息子がいる身。

そして旦那は単身赴任をし始めたばかりの時で、私は息子と普段は二人暮し、旦那とは離れて暮らしていました。

旦那と会えるのは、その頃は大体月に1回程度。旦那が自宅のあるこの地に戻ってくるのが主でした。

後は長期連休の時かな。


その夏、私は家族皆でとあるイベントに行きたいと、チケットを取っていました。しかも最初は息子と二人で行こうと2枚しか取っていなかったのに、やっぱり旦那も一緒に行けないかな…と思い、もうすぐ売り切れになりそうなチケットを、慌てて急いで3枚目を確保したのです。


なのに、結局旦那は、仕事が忙しくて参加できそうにない、とのこと。

仕事が忙しくて行けないのは仕方がなくても、その時のやり取りが「せっかく取ってくれたのに、忙しくゴメン」という感じならまだ許せたのに、「しょうがないだろ! 忙しいんだから。絶対にムリムリ」みたいな感じで、こっちが必死な思いで3枚目のチケットをようやく確保したのに、それを労ったり、忙しくて申し訳ない…みたいな態度が一切見られなかった事に、私はすごく腹が立ったんです。

こっちは最初息子と二人で行くハズで2枚しか取ってなかったチケット、皆で行けるかも…とギリギリで何とか確保したのに! とその思いが台無しにされたのが、多分一番悔しかったのだと思います。


そしてこの3枚目のチケットを無駄にするのはもったいないと思い、私は某SNSのそのイベントに関するコミュニティの「チケット譲ります」スレッドに、そのチケットを売り出す事にしました。

このスレッドのルールは「チケット買います、は載せないこと。売りたい人だけが載せる」「売買ルールは定価のみ」という事でした。

なので良心的にチケットを譲れる場所だったので、思い切ってここに、3枚目のチケットを売りに出したのです。

たった1枚、しかもそんなに良い場所で参加できる訳でもないチケットだけど、誰か連絡くれるのかな? って。


でも。

そこに「チケットを譲って欲しい」と連絡してきてくれたのが彼でした。




続く。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。