森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

気持ちが重なる

昨夜、ドラマ「コントレール」第2話を見ました。

ちょっとその感想を書きます。

ドラマは見てるけど、今回録画にしててまだ見てない方はネタバレになるのでご注意下さい。

ドラマを見ていない方、すみません。なるべく見てなくてもわかるように書きます。







今回は主人公の文が、相手の男性とスマホでメールで(見てるとメールじゃなくてLINEっぽかったけど)連絡をやり取りする時のドキドキ感、年齢や母親であることとの葛藤、息子とのやり取り見てると、私がツインの彼に出逢ってまだ初期の頃、携帯メールでやり取りしていた頃の気持ちを思い出さずにはいられませんでした。

私の場合はお互い、出逢った時から、というか出逢う前のやり取りから年齢はわかっていましたが、歳を一瞬ごまかそうか、と年齢を打ち直してみるという気持ちは痛い程わかるし、相手へメールを送る時のドキドキ感、連絡が来るまでのドキドキ感、携帯を手放したくない気持ち、まるで当時の私の気持ちそのままでした。


そしてその時の文が、鏡を見て口紅を塗って自分を見直して見るところなんかも、当時の私は彼に会うわけでもないのに普段から自分の化粧や見栄えを気にして何度も鏡を見たりしたし(携帯でやり取りしてるから姿は見えないのに。笑)、文の心のセリフで「私は母親だから諦める、という気持ちを止めていた」という言葉がものすごくリアル過ぎました。

ドラマの中ではスマホが壊れ(多分嫉妬した息子さんが間違いなく壊した)、息子を思わず叱りつけたり叩いてしまった文の姿が出ていて、私の場合は実際には息子に携帯を隠されたり壊されたりという事はなかったものの、彼からのメールを読んだり、彼へのメール文章を打っている最中に息子が寄ってきた時は「今、ちょっとこっち来ないで!」と言ってしまった事もあったし、完全に母親じゃなくて「女」になってしまっていたのを自覚してました。

やっぱり子供って母親が何かいつもと違うと雰囲気で察するんですね。

普段はメール打ってる最中に「ママ〜!」なんて寄ってこないのに、何か放って置かれてるような寂しさでも当時は感じたのかな…。


私の場合は幸い、それを咎めたりする姑の存在みたいな者はいなかったものの、旦那は単身赴任で普段は不在で息子と二人だけの生活だったので、状況的には文と似てたかも、と思いました。

実際、彼と心置きなくメールがしたくて「息子、早く寝てくれないかな」とも思ってたし、深夜にお互いメールやり取りしてたし、彼も外回りの仕事をしている人なので、仕事の合間にメールをくれたりした時もありました。


そして今回の文は息子が不安定だから、と姑に息子と一晩引き離されますが、それを寂しいと思う反面、ホッとしてしまった自分もいた、という気持ちもまるで当時の私かと思いました。

私の場合は帰省で先に息子だけ私の実家に行かせていたため、完全に自分だけの時間が丸2日間でき、その為に私だけで彼に会いに行く時間というか、彼と二人だけで会う時間ができたのですけどね。

そして彼が来るとわかって、ウキウキドキドキしながら化粧を念入りにチェックする文…。これもまるで私が彼と会えるとわかった時の、彼と会う直前の私そのまんま(笑)。

まぁ、私の場合は実際には文のような艶っぽい事は一切なく、会ってお茶して話して…だけなんですが、でも思わず、文が相手の男性に会った時のドキドキ感や嬉しさ、高揚感はこちらまで伝わってきて、その後の艶っぽいシーンは正直、羨ましさ半分で見てました。

できれば私も会った時にこんな風になりたかったよ…と。


そういえば脚本家の大石静さん、今回のドラマのように、子供がいる母親でありながら他の男性に惹かれていって母親である自分に葛藤する、という話を書くのは初めてなんだそうです。

だから、明らかに私年代をターゲットにしてるドラマなんですね。

私も彼に出逢った頃、このまま恋する気持ちも忘れたまま歳を重ねていく事に不安を覚えた、というのもあり、もしかしたら案外、同じような思いをしている人っていっぱいいるのかな…と思いました。



それにしても…このドラマ、逆目線で男性側からの視点で見てみると、やっぱり私のツインの彼も、当時メールをくれていた時、やり取りしていた頃は、多少なりとも絶対に私に対して気があったんじゃないかと思わずにはいられませんでした。

男性ってただの女友達に、いくら当時の私はメル友のような相手だったからって、毎日のように、深夜や朝、仕事の合間にまでメールして来るかなぁ…って。

彼の場合は実際には私と会う事はなかなかできなかったけど、仕事で忙しかったり飲み会でメールできなかった時は、短い文でも「明日また改めてゆっくりメールします」なんて送ってくれたりしてくれて。

約束してる訳でもないのに、わざわざそれだけでも送ってくれたのが当時嬉しくて。


そう、実際には私は彼とのやり取りはほとんどメールが中心で、実際には3回しか会ってないんです。

なのにもう出逢って3年近くになるのに、この気持ちが忘れられずに残ってるなんて、やっぱりツインって凄いんだな…と思わずにはいられません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。