森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

再会前の揺れ動き

昨年の彼との再会話についてブログを書いてから、その続きを書くまでにかなり開いてしまい、それまでに最近大きな動きがあった事から近況を先に書いてしまいましたが、ようやく落ち着いてブログが書ける心境と状況になったので、昨年の彼との再会についての続きを書きたいと思います。

これを先に書かないと、今回拒絶されていた彼と急に会える事になった話も、繋がりが見えづらくなってくるので、今回の再会話の前に、昨年の再会話をどうしても書いてしまわねば…という気持ちになりました。


昨年の再会前については「彼への新たな連絡」で書いて終わっていました。


そして塩田先生に会いに行くのと、彼へ会いに行くことになったのですが…


それまでの間に、やはり彼から来る性エネルギーがあったり、その時に頭の中にバンバン入ってくるテレパシー的な物も、明らかに私を求めるようなもので…

会えた時には抱きたい、どんどん来てほしい…ようなメッセージが入って来て、実際に会う日が近づいて来るに連れ、楽しみなのと怖いのと、一体私は彼に会ってしまったらこの後の人生はどうなるのだろう… と全くわからない先の展開に不安も抱いていました。

だって、私はこれから単身赴任を終えて旦那が戻ってくる身であり、母親でもある身。

もしもテレパシーや性エネルギーで感じるような求めを彼からされてそれに答えたら、世間一般的には「不倫」と呼ばれる関係になる事になってしまいます。

それは、以前の私にとっては「自分がするには絶対に許す事のできない事柄」だったハズ。

(もしも旦那にされた場合は、本気じゃなくて遊びなら許すつもりの心構えでした。実際にされた事はありませんでしたが)

それを、私自らでその概念を壊しにかかろうとしてるなんて…こんな事でいいのかな、と。


でもこれまでアドバイスをくれていたTさんからは「ツインとの間に起こることは全て大丈夫なようになっている。心配しないで心のままにドーンと行ってらっしゃい」と言われていました。

そうだった、私は自分の周りの人皆を幸せにすると決めたのだった。

もう、何があっても、そこを乗り越えていくしかないんだ、と覚悟も決めました。




ただ…彼と実際に会う日が近づいてくると、今度は今までと少し違う感じのテレパシーを感じるようになっていました。

それは

「俺、実際に会った時はこうやって伝えてる気持ちと、実際の行動が伴わないかもしれない。君はもしかしたらそれに戸惑うかもしれない。でも、こっちの気持ちが本当の気持ちだから、実際に会った時は俺の表の行動に惑わされずに、思いっ切りガンガン来て。そうしたら君を抱くから。」


…というものでした。


そして実はTさんからも似たようなアドバイスをもらっていて、

「当日、彼に会った時は美真さんが感じるままに彼にぶつかっていって下さい。もしかしたら彼の態度から不安を感じる事もあるかもしれない。でも、美真さんが心のままに彼に対してその時にしたい、言いたい、伝えたいと思った行動、ツインの間柄ならそれが全て真実ですから。

頑張って下さいね。」


と。


そんな訳で、彼からの気になるテレパシーのアドバイス、そしてTさんからのアドバイスをもらい、もう、どうなってもいいや! 後はその時任せで…

と、ようやく腹を括るのでした。


それでもやっぱり、ワクワクドキドキと怖いのと両方の気持ちが、彼に会う直前までずーっと心の中にある事にはなるのですが。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。