森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

あれから1年

引っ越し済むまでは…とブログの更新は控えるつもりでしたが、今回はどうしても書きたい事があって。


実はちょうど一年前の昨日、仕事繋がりのTさんから「本当の相手論」、つまりツインの概念というものを教えて頂き、彼を初めて「自分の本当の相手=ツインなのかも?」と認識した、特別な日なんです。

彼に出逢った日も忘れられませんが、大きく私の人生が動き始めたのはある意味一年前の昨日からで、この日から何もかもが大きく変わり始めた日でした。


そしてこの日は旦那の近い身内の一周忌命日でもあり、職場でも長らくうちの職場と一緒に関わってお仕事されていた男性の一周忌命日でもあり…。

そう、奇遇な事に昨年の同じ日に、近い人物が2名も亡くなったのです。

本当の相手論を知って動揺が大きかったところに、身近な人物が同時に亡くなってしまい、それもあって


「人間、いつ死ぬかわからない。だったら後悔のないように生きたい。」


と改めて思わずにいられなくなったのでもありました。


改めて、Tさんに感謝しています。

一年前の昨日が無かったら、ツインの彼の事はもう、一生「あんな事もあったな」で済ませてしまって通り過ぎていたかもしれません。

ある意味、心の墓場から彼への気持ちを掘り起こし始めた日でもあったのです。

でも、それさえも本当はジャストなタイミングで、私に伝えられるよう、何かの力が働いてたのかもしれませんけどね。


そして実は今週は、彼と出逢って丸3年となる日も来ます。

この日が近づくとどうしても思い出さずにはいられません。心がザワザワします。

私にとっては、この日はもう一生忘れられない日になってしまいましたが、でも私だけではなく、彼にとってもきっと忘れられない日だと私は感じてます。


だって、狙ってはいませんでしたが、Tさんに促されて久しぶりに去年彼にメールした日はたまたまその出逢った日の頃で、私はその事を一言も書かなかったのに向こうから


「今日はあのイベントの日ですね。あれからもう2年経つんですね」


なんて書いてきたり、昨年9月に再会した時も、向こうがやたらに「でも出会った時は…」だの、会った時の話をやたら口にしてたし…。

(↑これ今このブログで止まっている話の途中で、近々続き書きます)



という訳で、今日はブログ更新しましたが、引き続き引っ越し準備頑張ります!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。