森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

縁がある

彼との再会バナシ途中に、また違う話題ですみません。



実は昨日、仕事でツインの彼の出身中学校に行ってきました。

私の仕事柄、定期的に近辺の中学校に行く事があるのですが、今回はその関係で行ってきました。


以前から彼からは出身中学の話を聞いていたり、彼の先輩や元同級生さん達は全て中学時代の関係の方達なので、何だか感慨深かったです。


そして、この校舎が結構古くなってきたりしていて、ますます彼が通っていた頃そのままの雰囲気でほとんど残っているのかな、と思いました。

今の生徒さん達にしてみたら、きっと新しい校舎の方がいいんでしょうけどね。


そして今回の訪問。

私の他にも同じ仕事を担当している方がいて、どこの学校に行くかはあらかじめ割り振られていたんですが、私はちゃんと彼の母校であるこの学校に行くことになってたんですよね。


そしてもっと驚く事に。

実はまだ彼と出逢う前に、今の仕事をやり始めたばかりの頃、やはり仕事の関係で彼の母校である小学校にも以前行ってた事があったのです。

なので、彼から以前、彼が通っていた小学校の名前を聞いた時に「そこ、前に仕事で行ったことのあった学校だ…!」と思いました。


そもそも、私は今の仕事に就く前は、近隣市町村と言っても彼の出身地についての知識はこんなに近いのにほとんど無く、今の仕事を始めてから彼の出身地の担当となり、すごく縁のついた場所でした。

最近でもやはり彼の出身地の方と親しくなる機会が増え、自分が住んでいる場所よりも、彼の出身地の方々との方が縁が深くなっている位です。



彼に出逢う前から、ツインって元々やはりお互いの場所に縁がつくようになっていたと思うと、すごく不思議な感じです。

彼の方も、私としばらく離れていた2年の間に、私の出身地の場所に頻繁に旅行に行くようになったりしてたようだし。


こういうのもやっぱり宇宙の法則の1つなんでしょうか。

本人達の知らないところで、ちゃんと魂がお互いに相手の縁のある場所に呼ばれるようになっているのだな…と改めて思ったのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。