森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

自分の中に目覚めたもの

今回は、ちょっと性に関するややあけすけな話をします。


なので、そういう話が苦手な方は、今回は読み飛ばして下さい。




彼と出逢った当時、私は年齢的にはアラフォーでした。

息子も生まれてから子育てにひと段落とまでは言いませんが、いわゆる性欲的な物はあまり無くなって来ており、積極的に子供を増やす事も特に望んでいなかったのもあって、夫婦間での交わりもかなり減ってきていたし、旦那の単身赴任生活によって、それはますます減っていました。

でも、そんな性生活にあまり不満もなかったのです。

むしろ「わざわざするの、結構面倒くさい」と思っていたりして。


性交渉は嫌いではなかったけど、特別好きでもなかったのです。

旦那の事は好きでしたけどね。



が。

そんな私が、彼に出会ってから途端に、いきなり性欲の扉が開いたようになってしまったのです…!



彼に初めて出逢った後、とても彼ともう一度会いたくてたまらなくなっていた頃。

私は、生まれて初めて「この人に抱かれたい」と思うようになっていました。


私はそれまでの人生で一目惚れの経験はなく、今まで好きになった人は、全て少し時間をかけてからじわじわ気になる存在になっていき、その人の事が頭から離れなくなってドキドキして初めて「あれ? これもしかして私、この人の事好きなのかな…?」と意識し、その後ようやく「ああ、私はこの人の事が好きなんだ」と自分の気持ちを認められるようになる、というパターンでした。

そして自分がその人の事を好きになった気持ちは認められても、その後その人とああしたい、こうしたいという思いや妄想が出てくるとしても、せいぜい「ハグしたい」「キスしたい」「肩抱かれたい」とかその程度で、それ以上の進展は考えもしなかったし、あまり考えたくもなかったのです。


これは結婚前の若い時だけではなく、結婚してからいわゆるイケメンさんや自分のタイプの男性に会った時でも同様で、どんなにカッコイイ人や好みのタイプに出会っても「わ、この人ステキ。カッコイイ!」と少し位ドキドキする事やときめきはあってもそれ止まりで、「この人に抱かれたい」なんて考えた事もありませんでした。

だから、よく有名人男性のランキングで「抱かれたい男ランキング」なんてありますが、そもそも旦那以外の男性に抱かれる想像も抱かれたいと思った事もありませんでした。


あ、ここまで書いたらわかってしまうかもしれませんが、恥ずかしながら私のここまでの人生における性体験の相手は旦那しかいないのです。

ある意味、これは私のコンプレックスの1つでもあるんですが…。



それでそんな私が。

出逢ってしまい、強烈に惹かれた彼に対してだけは、今まで他の男性に対して感じた事がないほど強く「彼に抱かれてみたい」と思うようになり…

彼ともし今後再会できたら…と考えた時には、濃厚なキスシーンを妄想してみたりとか…

いや、自分が性欲の塊にでもなってしまったのかと思いました(笑)。


しかもそれだけじゃないんです。

同僚の独身の後輩の男の子にすごく触れてみたくなったりとか(実際は勝手に触るのはセクハラになるので一方的に触ったりはしてませんが、その後輩に肩もみを頼まれて肩もみした時にちょっと私が喜んでしまった、とかいうのはあります。笑)、仕事上で色々知り合った同年代の男性達が急にステキに見えてきて、ああ、あの人もステキ、この人もステキと思うようになり、自分が色ボケババア(笑)にでもなってしまったのかな、と。


はたまたもう、排卵期の時期になると急に「シたくてたまらなく」なり、一時は本気で女性向け風俗にでも手を出そうかな…と真剣に考えてました…(苦笑)。


この頃にネットで気になる記事が目につき、ちょっと読み進めてみたのですが、女性は40を過ぎると肌が敏感になり、感度が増す、そして性欲も上がってくる…という記事でした。

何でも若い頃に比べると肌が薄くなってきて肌が敏感になりやすくなるそうで、その分感度も増してくる…とかそんな内容でした。

そして性欲が上がってくるのは、閉経が近付いてきて本能的にもう子供が作られる期間が限られてくるから…という危機感から、とか何とか。


なので、彼に抱かれたいと思うようになったのとは別に、他の男性に対しても性欲が出てきてしまうようになったのは、この40代になる女性としての単なる自然現象の1つなんだと、この時は思っていました。



でも今考えると、完全にこの性欲の扉が開いたのはやはり彼に出逢ってからなので、彼との出逢いが鍵になっていたのだと思うのです。

この頃はまだ彼の事はツインソウルの相手だという事は全くわかってませんでしたが、後になって思い出すと間違いないと思います。


その証拠という訳ではありませんが、後々彼がツインソウルだと認識してからは、定期的に来ていた排卵期の異常な性欲(シたくてたまらない、触られたい願望)はピタッと収まりました(笑)。

まぁ、彼をツインの相手と認識するのはまだずっと後の話なので、それはまたその時に書きます。



つまり、彼はそれほどまで、欲望をかき立てられるほど心の底から惹かれてたまらない存在だった、というのは事実です。

そして、前回の「再会の実現」で書いた、「彼とは一緒にいるだけでいいと思った」というのは、ここに繋がってくるのです。


どういう事かというと、彼に出逢ってから彼に会いたくてたまらなくなり、彼と離れている間は、彼とのそういう妄想や想いに取り付かれる程の焦がれた想いに支配されたんです。

それなのに、いざ彼に会ってしまうと…不思議な程そんな欲は収まり、くっつきたいとも触られたいともキスしたいとも思わず、会って一緒にいて話してるだけでホッとし、もうそれだけでいい…あ、もう私、彼とこれ以上進展なくても大丈夫、という安心感にかられたんです。

これって何だろう…? と漠然と思ったりはしてたのですが。


これも後から思えば、離れているから一緒になりたくて、一緒にいる時は一つの魂だからそれだけで安心する、って事だったのかもしれないなぁ、と。





という訳で、今回は思い切った内容を書いてみました。

なかなかこういう内容をあけすけに書いて上げられる人ってあまりいないかな…とは思うんですが、私は性のエネルギーって人間として生きていく為にとても重要なものだと今は思っているし、ツインを語る場面では避けて通れない内容だと思っているのです。

逆に、私が書く事で「実は私もそうだった。自分がおかしくなったんじゃないんだ」と感じてくれたり、救いになる方がいらっしゃるなら幸いです。


なので、エロブログを書く訳ではないのですが(笑)、時たま、性エネルギーについての内容には触れていきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。