森羅を映す湖 〜自己を見つめて〜

「本当の相手」に出逢ってしまった、ADHDでアスペ持ちの日々とつぶやきです。
当ブログ内文章の他サイトへの無断転載は厳禁です。

関係性の変化と不思議な繋がり

その後、連休の滞在先であった旦那のアパートから戻ってきた私と息子でしたが、結局その後、彼から次にメールが来たのは、最後に彼からメールをもらってから1週間後でした。


私は彼を誘ったメールの後の返信で一度心が砕け散っていましたが、彼に会えなかった連休を彼なしでも家族や旧友と楽しく過ごせた事もあって、心の傷は少し癒やされており、少し時間が開いた彼からのメールを落ち着いた気持ちで読む事が出来ていました。


そして。

ここで私周りで彼に関連した動きが出てくるのです。


彼とはお互いの仕事内容についてそれまでメールでも報告し合っており、私の会社のホームページを彼も見たりしていましたが、実はその関連で、私の会社のホームページからとある地元団体にリンクされていた先まで彼は見ていたようでした。

そうしたら、その団体の代表がどうやら彼の昔の同級生だったらしく(以後、元同級生さんと表記します)、それも結構親しかったようで、彼が「アイツ、昔の同級生なんだよ。懐かしいな〜。でも老けたな〜(笑)。」なんてそれまでもメールには書いてきてたのです。


で、実は私の会社に以前から関わっていた、とある音楽関係の男性がいたのですが、私はこの男性(こちらはMさんとします)の事は名前は知っていましたが、それまで直接お会いする事はあまりありませんでした。

が、このMさん、この年の春からは定期的に私も顔を合わせるようになっていて、Mさんと少し面識ができていたのです。


この彼の元同級生さんとMさんが、実は私の会社関連の仕事で繋がっているという事を私は知ったのです。

そしてこのMさん、実は元同級生さんの先輩であり…つまり、Mさんは彼の先輩であった、という事実を彼からのメールで知る事になったのです。

つまり、彼と元同級生さんとMさんは昔同じ部活のチームメイトだったという…。


まさか…最近面識ができて少し話せるようになったMさんが、彼と繋がりがあるなんて思ってもみませんでした!

しかもちょうど、この彼からの一週間ぶりのメールの翌日にはMさんが私の会社に来る事になってたんです。

そんな事を彼へのメールに書いたら

「じゃあMさんに会ったら、同じ部活の後輩の○○(彼の名前)からよろしく伝えておいて」

という返信が来ました。


翌日、Mさんに会った私はそれとなく彼の名前を出して「覚えてますか?」と聞いたら「覚えてる覚えてる! いや〜懐かしいな〜。元気かな〜」なんて様子だったので

「○○さんと最近ちょっと知り合う機会があったんです。Mさんが先輩だというのでよろしく伝えて下さい、って言ってましたよ。」

と伝えたところ、Mさんも

「いや〜懐かしいな。オレも○○に会いたいな〜。」

と言ってたので、後ほど彼にはMさんからの伝言もメールしました。


実はMさんは彼同様、出身はこちらの地なんですが、普段住んでいるのは彼と同じ地域なので、会おうと思ったら今後Mさんと彼はそっちで会う事ができるのです。

でも特にMさんに彼の連絡先までは聞かれませんでしたが、彼は

「今はMさんに連絡先教えなくてもいいよ。聞かれたら教えてもいいけど。こっちもMさんに連絡したくなったら、美真さん通じて連絡してもらうから(笑)。」


との事だったので、何故か私は彼とMさんの架け橋的な感じになっていきそうな予感がありました。


そして私はそれまでMさんとはあまり繋がりはなかったのですが、彼の話題を機にMさんとFacebookで繋がるようになり、Mさんと連絡が取れたり、少し親しくなっていく流れになるのでした。



この頃は私は彼に対しては「心が惹かれて惹かれてたまらない」という状態からは脱していて「ちょっと好きな知人男性」位な気持ちで、少し落ち着いた気持ちでメールやり取りができるようになっていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。